読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務所草子

かかる人こそは世におはしましけれと、ジャニーズのことをかきつくるなり。

20150731 BBQにフィーリングッド。

BBQ。バーベキュー。
WESTの子たちの口から出たこのワードを、ここ最近の紙媒体で何回か目にしたし、ラジオでも聞いたような気がする。
流星くんに至ってはついに道具一式揃えたらしい。*1
ジャニストはバーベキューがよく似合う。ラスタカラーで彩られたMyojo9月号の表紙を眺めてみる。似合う。冬のバーベキューはMyojoでも見たけども、夏のキツイ陽射しの下のバーベキューのがより似合う。
彼らが川辺でバーベキューをしている様子を想像するのはいとも容易い。
何なら、帰りの運転手役を買って出てくれる人とか準備を率先してやってくれる人とかじゃれてたら川にドボンして全身びしょ濡れになってる人とかケラケラ笑っているところを反撃されて同じくびしょ濡れになってる人とかそれ見て手伝うように叱ったところびしょ濡れの五体を使ってウザ絡みされる人とか肉の焼き方に妙にこだわる人とか運転しない気満々でさっさと缶ビール開けてる人とかそういう一枚絵の細かな妄想までできる。そんな自分の妄想にニヤニヤできるのだから、まったく私の頭はおめでたいと言うより外はない。

ふと、『嵐ってバーベキュー似合わないな…』と思った。決して貶すとかそういう意図はない。単純にイメージとして似合わないと思うだけだ。
実際のところ、『アオゾラペダル*2や『青空の下、キミのとなり』*3のメイキングでは楽しそうにしていたし、バーベキューのくくりに入れていいのかはさておきハワイ特番で放映されたヴィラでの微笑ましい様子なんかを見ていても、特段何かがおかしいというわけではない。
しかし、嵐の5人が川辺にいる姿が想像できない。
浜辺のバーベキューなんてもっとありえない。なぜなら二宮くんが海苦手だから。潮風でベタベタするとか砂浜で靴に砂が入ると大変とか言ってるような人が浜辺のバーベキューに前向きになれるだろうか。いや、なれない。メンバーもメンバーで、誰かが顔をしかめそうな提案をわざわざ持ち出すようなことはしないように思う。その労力が無駄というのではなく、亀裂が走るきっかけを極力投げないように気を遣ってる感じだから、別に悪い意味ではない。嵐ってそういう人の集まりだと思う。聖徳太子の教えの具現者みたいな。
水辺ではなく山のロッジに併設されていそうな施設でのバーベキューはどうであろう。キャンプ場のバーベキューは強化合宿*4で実現されているから想像しようと思えばできる。が、そこにプライベートの6文字が乗っかると途端にもやがかったようなイメージになってしまうため、やはりこれもしっくり来ないということだろう。
あくまでも私の中では来ないだけなので、そんなことないよ!と思う人もいるだろう。千差万別、それでオッケーです。
体力を要するアクティブなことよりは、箱根で温泉に浸かってお土産に皿を作って文字を入れるぐらいのわりと静かめな感じの方が嵐には“似合って”いる。

一方のジャニストはバーベキューがおそろしく似合う。
若さ溢れるから?でも嵐が箱根で翔くんに皿作って潤ちゃんが相葉くんのおとうさんの車を料金所で擦ったのは10年以上前の2003年、つまり末ズ20相葉21大野22ぐらいの頃で、その年齢は現在のジャニストの弟組とそうは変わらない。それにジャニストはいくつになってもバーベキュー似合いそう。だから、若さは特に大きな要因ではないように思う。
嵐のインドアな雰囲気がそう感じさせるの?でもでも嵐だってプライベートでアウトドアなことしてるというのを語ったことがちゃんとあるのだ。
さとしくんはちょこちょこ釣り行ってるし、翔くんは過密スケで旅行したりフットサルやってたりするし*5、にのあいは野球してるし*6、相葉くんはサーフィンやりたいとかラジオで言ってたし*7、潤ちゃん…はわからないな。食事の席で芸能人に出くわした話はよく聞くけどアウトドアでEnjoy!してたとかあんまり聞いたことがないかも。ま、まあ、とにかく、嵐だってアウトドアなエピソードはある。印象が強くないだけで…あれ、つまりは嵐はそんなにアウトドアじゃないってこと?

考えれば考えるほどわからなくなってくる。思考回路がショート寸前になるまで「ジャニーズとバーベキュー」について思いを巡らしたことなどあまりない。というよりも初めてだ。けれども、今ここで考えなければいけないような、そんな気持ちに駆られている。課題に追われている真っ只中なのに。そういう時に限って掃除したりDVD見たりしたくなるのと同様に、「ジャニストとバーベキューの親和性」に向き合いたくなっている。
つまりは現実逃避なのだが、しかしそれ以上に何かが私の心に火を付けたようだ。



これをダラダラ書いて下書きに入れておいたら、7.29リリースの『バリ ハピ』初回限定盤Bの特典の沖縄オフショットにバーベキューしている姿が収められていて感動した。バリキュートでバリハピ。可愛いは正義。
見終わった時、私はある結論にたどり着いた。
ジャニストとバーベキューの親和性が高い理由。
それは夏生まれの多さと、溢れ出るパリピポ系リア充臭に起因するのだ。
夏生まれは置いておいても、見るからにリア充!という外見的なものだけでなく、内側からリア充という感じがする。
二宮くんがラジオでVS嵐にジャニストが来た時のことを聞かれて「絶対友達にならない。怖い」(要約)と言っていた。その気持ちは非リアとしてはものすごくわかる。
そもそも女性関係の噂がそこそこある二宮くんと浮いた話が一切無い私を同じ非リアに括るのもおかしな話ではあるが、精神論的にリア充か非リア充かで言ったら二宮くんと私はおそらく一緒のカテゴリである。
そこから考えると、嵐もリア充ではあるのだけどパリピポ系リア充ではないというのが、『嵐ってバーベキュー似合わないな…』と感じた原因なのだろう。
テニスの王子様』でむりやり例えると、ジャニストは四天宝寺忍足謙也っぽい。四天宝寺は大阪だからあえて別のキャラを当てはめるとしたら青学の桃城先輩とか。底抜けに明るいリア充臭。
嵐は不二先輩。リア充だけどすごく明るいわけでもないみたいな。

何を言っているのかわからないと思うが、自分でもわからない。
ひとつ言えるのは、バーベキューしてるジャニストの可愛さは大正義!JEありがとう!ということです。
最後になったけど、神ちゃん22歳おめでとう!あなたからジャニストの夏が始まったのね!望くん19歳おめでとう!舞台初主演おめでとう!もう二度と戻らないティーンエイジを存分に楽しんで!

*1:月刊TVガイド2015.9月号。

*2:「エビでぇす」「かかかっ」などと妙に楽しそうな兄組と至って普通にバーベキューをする弟組の対比が光る。

*3:実は未だ見ていない。母親の感想に基づいた想像。

*4:『ARASHI 10-11 TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~+DOME版』の初回特典に収録。

*5:フットサルは最近聞かない。

*6:シーズン的に春夏冬はやらないらしいから年に一回試合できればいい方。

*7:願望な上に休みがあれば海より銭湯に行きそう。